不要になった着物を着物買取店に売ろう

タンスや押し入れから、もう着ることもない着物がたくさん出てきたことはないですか。近いうちに着ることがなければ、早いうちに着物買取店へ売りに行きましょう。普通の着物の場合、10年以内か以上で価値が変わってくることが多いで。やはり年月がものをいいます。また、年月が経っていても、有名な作家さんが作った着物や、有名な染物店が扱ったもの、大手百貨店や大手呉服店のものは、高く査定が付きます。やはりキレイな状態で売るのが一番です。また、買い取り査定が下がってしまう場合ですが、汚れや傷を始め保管状態が良くないものです。また、最近は絹ではない着物も多数安価で出回っているので、そういったものは価格がつかない場合もあります。また、かなり小さくお直しした場合も査定が下がります。数ある着物買取店の中で、無名なお店よりも大手の着物買取店を選んだ方が、より大きな販路をもっています。ネットの口コミなどを参考にして、しっかりとしたところを選びましょう。

↑ PAGE TOP